ACTION
協議会の取り組み
シンポジウム
令和元年度 子どもの家庭養育推進官民協議会 総会開催
5月30日に「令和元年度子どもの家庭養育推進官民協議会 総会」を日本財団ビルで開催しました。
講演会では、児童養護施設シオン園の施設長・久佐賀眞理先生より「子どものアドボケイトの導入に向けて」をテーマにお話を頂きました。また、続いて社会的養護の経験者で、IFCA(International Foster Care Alliance)のユースとして活動する佐藤智洋さんより、指定発言を頂きました。
その後、加盟団体からの活動報告を行い、続けて、今後の社会的養育推進計画の見直しに、いかに当事者の声を反映させるか、といった視点から、ディスカッションを行いました。
また昨年記者発表した「フォスタリングマーク」のデザイン、キャッチコピーの制作を手がけてくださった岩下智さん、橋口幸生さんに、この場を借りて感謝状をお渡ししました。
最後に、根本匠厚生労働大臣宛の政策提言を、藤原朋子・内閣官房内閣審議官に鈴木英敬会長(三重県知事)よりお渡ししました。
主催 子どもの家庭養育推進官民協議会
開催日 2019年05月30日
場所 日本財団